病んでいる

OLYMPUS DIGITAL CAMERA熱中症になってしまい、ブログを暫く休んでしまった。

仕事はやらなければいけないものを、最小限に絞った一週間だった。

タイトルは小生が病んだ、と言うだけではない。

日本が病んでいる症状が顕著になっているような気がして、ペンを執った次第である。

朝日新聞で掲載された関西電力の元副社長・内藤千百里氏の証言である。

原発事故から3年半経って、当時「よかれ」と思って行った行為が、福島原発事故で疑問を抱き、良心の呵責にさいなまれての証言だ。

歴代の総理大臣へ約2千万円/年を、その他の原発族議員に多額の金を渡していたと言うから・・・想像はしていたが、現実の証言となると驚きだ。

そして、福島の現実だ。

現在の被ばく線量限度0.23μSv/日を変更しようというのだ。

現状の0.23μSv/日の算出だって、怪しいのだぞ。

年間被ばく線量の限度を1㎜Svと設定し、0.23×12時間×365日=1007.4μSv → 1㎜Sv/年・・・という計算である。

上の式で12時間と言うのは、24時間の内12時間は家の中にいるからだ、という説明である。

この限度値を個別の被ばく線量に改め、もっと大きな値にしようというのだ。

福島への関心が徐々に薄らぐ中で、巧妙なすり替えが進行する。

福島原発では今日も報道されない汚染水漏えい事故等が起きているに違いない、この状態がこの先延々と続くのだ。

福島原発のその後

放射能

めったに書かなくなったが、福島の原発について。

国民から忘れ去られようとしている感じがするこの頃だが、マスコミの報道量と大きく相関している。

余程の事件が無いと、話題にならないから報道しなくなっている。

また、放射性物質については、この位の量では問題ないというような「耐性」を植え付けられたように思う。

原発の防護カバーを撤去した際に出た放射能漏れの量に驚いた。

1兆1千億ベクレルの放射性物質が飛んだのだ

どのくらい危険なんだと言われても見当もつかないが、捨てて良いとされている(これも怪しいと思うが)のが8千ベクレルだから、その大きさがわかろうと言うものだ。

食品については100ベクレル/Kg以下とされているが、原発から数十キロ付近のコメから放射性物質が検出されるのは当然だ。

不思議なことは、コメだけなのか?ということだ。

あたかも、コメだけ選択的汚染されたかのごとき報道には、腹立たしささえ覚える。

汚染水についても一向に解決に向かう兆しさえ見えないようだが、貯水タンクに中古のものが使われていたとの事。

中古が必ずしも悪くはないかもしれないが、タンクから汚染水の漏洩が頻発していることと無関係なのかどうかだ。

生産活動でないところへの税金投入には、もっと厳しい目が必要だ。これから延々と税金投入が続くのだから。

福島の甲状腺がん

ラジオのニュースを聞いていると、不思議なごとがあるものだ、と思う。

福島で15歳以下の「甲状腺がんの検査」の結果を発表したとの事。

昨年の35人から50人へと「がん罹患者」が増えているのだ。

ところがだよ。福島原発との因果関係はないものと思われる、というのだ。

通常のがん罹患率に比べて、100倍も高いのに、この発表はないだろうと思うよ。

因果関係が有るのか無いのかは、そんなにすぐには判らないだろう。

多くは因果関係が有るのではないのか、と思い心配しているのだ。

このニュースと「美味しんぼ」の「鼻血の件」は、関係者?の反応や対応が良く似ていて逃げ腰な様子がわかる。

本当に福島の事を思っているのなら、対応は全く違ってくるはずだ。

福島の人達は優しすぎると思っていたが、「優しい」という美言に騙され続けるのから目覚めるべきだろう。

このままでは、なし崩しで忘れ去られていってしまうのではないかと、心配だ。

池田君の事

OLYMPUS DIGITAL CAMERA池田穂高君が逝ってから2年が経った。

土壌改良を専門にしていたが、医学博士でアイソトープや医療関係にも造詣が深かった。

何かの展示会に彼が出展していて、名刺交換をしたのが最初の出会いであった。

数年を経て、日本のNGOの理事長からの問い合わせが再会のきっかけとなった。

その団体は中国で砂漠の緑化をすすめているのだが、植樹の際に使用する肥料として北京の汚泥を使えないかという問い合わせであった。

小生の専門外であったので、誰かいないかと探して彼に突き当たったのだった。

この件では、彼に北京まで行ってもらって検討したが、汚泥の汚れ(という言い方もおかしいが)が酷過ぎて使用を断念せざるを得なかった。

その後縁あって、彼と「福島の事に役立つことをやろう」と日夜励んだ。

福島に出向いたことも数知れないが、原発に近寄れるだけ近寄って放射能汚染された枯葉を大量に集めて、某所で枯葉の炭を作ったな。

放射性物質の吸着試験をどの機関にいらしても断られたために、放射性物質の標準物質を作ることからしかデータが出せなかったからだ。

経験したことの無い逆境の時、役人たちの逃げ腰の対応には呆れ果てたことを思い出す。

温厚な君が都庁の役人に大声で怒鳴ったことは未だに耳に残っているぞ。

池田君は志半ばで逝ってしまったが、かれの意思の一片でも達成させたいと日頃から思っている。

3回忌に当たって、その思いを新たにしたところだ。

ちょっと一杯が・・・

親しくして頂いている、世田谷にある中堅会社の会長に会いに出かけた。

この会社が手掛けている商品開発の手伝いをしているので、その状況報告等を2時間ほど行った。

詳細を書くわけにいかないので、もどかしい感がするが、ちょっと難行しそうな雰囲気だ。

打ち合わせが終わり、会長と二人で夕飯がてらにちょっと一杯と洒落込んだ次第。

一杯が二杯・三杯とすすみ、ほろ酔いを少し過ぎたあたりで帰宅した。

福島県本宮市に自宅を建て直したばかりで、放射能汚染に見舞われて散々な目にあわされている。

小生も昨年同行して状況をつぶさに見てきたが、原発から離れていても「この数字か」と声に出さざるを得ない。

十月だったと思うが、鈴なりの柿が熟しているのに、食することができないのだぞ。

四月の終わりの週に一週間の除染作業が行われたので、立ち合いに行ったとの事。

除染後の線量は少し下がるが、2~3日すると基に戻ってしまうとの事。

屋根の除染はせず、土の剥がす深さは3㎝というから、除染とは名ばかりである。

漫画「美味しんぼ」の中で、鼻血が出たので・・・というのが風評被害を云々とか記事になっているが、チャンチャラおかしいと思う。

何もなくて鼻血がそんなに出るわけないだろう。