都会はリスク地獄

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 都会はリスク地獄
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

__新宿で落ち合い昼食を御馳走になって、丸の内線で中野坂上の大手旅行会社に出かけた。

久しぶりの面会であったが、快く話を聞いていただけたように思う。

ところで、新宿に出るとどうしてこんなに人が多いのだろう、と思ってしまう。

こんなに混雑している地下で地震にあって、「俺だけが懐中電気を持っていて点灯したらどうなるだろう」なんて考えることがある。

暗闇の中に光が一つ、混乱するに違いないだろうな。

それでは東京で働く普通のサラリーマンと日本の普通の冒険家の人との、取り巻くリスクの大きさを比べたらどちらが大きいだろうか?

冒険家の方がリスクが大きいに決まっているよ、と99%の人が答えるだろう。

ところが、普通のサラリーマンの方がリスク人生かもしれないのだ。

かかるリスクと得られる便益とのバランスシートを考えると、サラリーマンの方がリスク超過の場合が多い。

過密都市で暮らしている人は、潜在的に膨大な量の複合的リスクを抱えている。

我々はその事を認識しつつ暮らしていくことが必要なのだ。

今日はそんなことを考えながら、車窓を眺めていた。

コメントを残す

*

Spam Protection by WP-SpamFree

トラックバックURL:
http://blog.reino.co.jp/wp-trackback.php?p=2089&_wpnonce=92185bee68