病んでいる

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 病んでいる
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

OLYMPUS DIGITAL CAMERA熱中症になってしまい、ブログを暫く休んでしまった。

仕事はやらなければいけないものを、最小限に絞った一週間だった。

タイトルは小生が病んだ、と言うだけではない。

日本が病んでいる症状が顕著になっているような気がして、ペンを執った次第である。

朝日新聞で掲載された関西電力の元副社長・内藤千百里氏の証言である。

原発事故から3年半経って、当時「よかれ」と思って行った行為が、福島原発事故で疑問を抱き、良心の呵責にさいなまれての証言だ。

歴代の総理大臣へ約2千万円/年を、その他の原発族議員に多額の金を渡していたと言うから・・・想像はしていたが、現実の証言となると驚きだ。

そして、福島の現実だ。

現在の被ばく線量限度0.23μSv/日を変更しようというのだ。

現状の0.23μSv/日の算出だって、怪しいのだぞ。

年間被ばく線量の限度を1㎜Svと設定し、0.23×12時間×365日=1007.4μSv → 1㎜Sv/年・・・という計算である。

上の式で12時間と言うのは、24時間の内12時間は家の中にいるからだ、という説明である。

この限度値を個別の被ばく線量に改め、もっと大きな値にしようというのだ。

福島への関心が徐々に薄らぐ中で、巧妙なすり替えが進行する。

福島原発では今日も報道されない汚染水漏えい事故等が起きているに違いない、この状態がこの先延々と続くのだ。

コメントを残す

*

Spam Protection by WP-SpamFree

トラックバックURL:
http://blog.reino.co.jp/wp-trackback.php?p=2170&_wpnonce=7af9f10719