胸と背中

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 胸と背中
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

タイトルからは何のことだか分からないだろう。

小生の93歳の母のことを書いたことがあるが、母を見ると思い出す話を書いておこうと思う。

誰でも生まれてすぐおっぱいを飲ませてもらい、抱かれて育った母の胸の暖かさと柔らかさが、小児体験として脳に刻まれている。

懐かしい感覚が残っているのだという。

 一方、父親が子供にやったことは、せいぜい背中を見せることだ。

かって、農家に生まれた子は、黙って田を打つ父の背中を見て、農作業を覚えた。

大工の息子も、漁師の子も、父親の背中を見て育った。

それぞれが、後ろに回って背中の方から体や手の動きを見ていなさい、と言われたものだ。

それぞれの背中に存在感があった。 

それが、父親の密かな誇りであったのだけど、やっぱり母親にはかなわない。

胸に抱くのは、最高の愛情表現なのだから。

コメントを残す

*

Spam Protection by WP-SpamFree

トラックバックURL:
http://blog.reino.co.jp/wp-trackback.php?p=704&_wpnonce=9131de27e2